本を読むよ

読書ブログです。サイト(www.garunimo.com)も運営しています。

「努力不要論」を読んだ

「努力不要論」を読んだ。

 

 実は私は自己啓発本が好きでね。無職だけど。私ほど意識の高い無職はいないのでは。

そんな意識の高い私が買ったのが「努力不要論」。意識は高いが努力はしたくない。

 

この本は「努力」を主軸として論を展開していくんだけど、他の本では見られないようなことが書かれているので面白い。

 

ざっと中身を教えると

 

・がむしゃらに努力すればいいというのは間違い

・正しい努力は「目的を設定する→戦略を立てる→実行する」

・努力すると「自分はこれだけ正しいことをしたんだから、許される」と考え、倫理的に悪いことをしがち

・努力すると洗脳されやすくなる

・「努力家」は野蛮人。「遊び」は高尚なこと。

・自分を痛めつけることが努力だと思っているのが日本人

・傑出した才能は生存には不利

・日本人は勤勉で、自分が利益を得るよりも人に与えることを好み、真面目で誠実、危険を冒すよりも安定した生活を志向する

・「真面目にやっているのに報われない……」と世界で一番感じやすいのが日本人

・彼らは真面目にがんばっているのになぜか報われないという感じを持ちやすい、心理的にはしんどい人生を送る可能性が高い

・努力家は他人の才能を潰す

 

みたいなね。どうだ。面白そうだろう。ふっふっふ。

 

たぶん、生きるのが辛い人は、他人の利益のために努力したことはあるけど、自分の利益のために努力したことが無いだけなんじゃないだろうか。知らんけど。

「上京ものがたり」を読んだ

「上京ものがたり」を読んだ。 

 

上京ものがたり

上京ものがたり

 

 西原理恵子さんって知ってますか?この漫画の作者です。そこそこ有名です。アニメにもなった「毎日かあさん」っていうマンガを描いたことでも知られています。

 

毎日かあさん カニ母編

毎日かあさん カニ母編

 

 

たぶん西原理恵子さんをうっすら知っている人はエッセイ漫画家だと思っていると思うのだけど、それは西原理恵子さんの一面でしか無いのだ。

 

西原理恵子さんがそこらのエッセイ漫画家よりも有名なのは、西原理恵子さんが「人生を戦っている人の話」を良く描くからだ。「人生を戦ったことがある人」が共感できるマンガを描く能力があるからだ。

 

「上京ものがたり」は西原理恵子さんの上京時の自伝的マンガで、西原さんも人生を戦ってきたんだな、ということが良く分かる。

 

なお、これを読んで西原さんのファンになった私は現時点で買える西原さんのマンガを全部買った。

 

私は好きになった作者のマンガを全部買う傾向があるな……。

 

いま人生を戦っていたり、もしくは昔戦ったことがある人など、人生を苦労したことがある人は共感できると思うので、上京ものがたり、ぜひ読もう。

 

「私も頑張ろう」と思えます。

 

また、西原さんのマンガは「上京ものがたり」に限らず、基本的に全部面白いし「毎日かあさん」も当然面白いので、「上京ものがたり」が面白いと感じたら、ぜひ他の西原さんのマンガにも手を出してみてください。

「インハンド」を読んだ

「インハンド」を読んだ。

 

 

インハンド プロローグ1 ネメシスの杖 (イブニングKC)

インハンド プロローグ1 ネメシスの杖 (イブニングKC)

 

 これはマンガです。最近ドラマ化したよね。2話目だけ見たけど、漫画のほうが好きです。なお、私はこの漫画をドラマ化したから見たのではなく、去年の5月くらいに買って読んで知ってました。決してドラマ化を機にマンガを買ったというミーハーな理由じゃないです。信じてください。

 

で、インハンド関連で最初に買ったマンガは「インハンド 紐倉博士とまじめな右腕」(現在は新装版として「インハンド プロローグ2」が出てます)なんだけど、これが面白くてさ。

 

これを機に著者の「朱戸アオ」さんのファンになって、朱戸アオさんのマンガ全部買っちゃった。ちなみに「リウーを待ちながら」と「FinalPhase」はほぼ同じ内容のマンガだから、「FinalPhase」は買わずに「リウーを待ちながら」だけ買うというよ。

 

この人の漫画は医療関係のマンガばかりなんだけど、私、医療とか全然知らないけど現実感があってすごく面白い。舞台も現実世界が舞台だから世界観に入りこめるし。しかも、著者の朱戸アオさんも、もともと医療の素人で、ほんとうに調べながらマンガを描いてるんだって。

 

朱戸アオさん天才じゃない?天才だよ。

 

なんか昔は現実世界が舞台のマンガはあまり読まなかったんだけど、大人になると、だんだん現実世界が舞台の漫画のほうが面白いと感じるようになってきた。これが大人になるということなの?そうなの?

 

なんか少年漫画はワンピースとかナルトとかファンタジー世界(?)が舞台だけど、少女漫画って現実世界での恋愛物語が人気があるじゃん?やっぱり女性の方が小さい頃から大人の精神を持っているということだろうか。

 

私、スマホにソシャゲは一つも入っていない代わりに、マンガアプリはたくさん入れてるんだけど、最近のマンガはなんかエッチな話ばかりですね。しかも少年漫画はまだファンタジー世界でエッチな話だけど、少女漫画は現実世界でエッチな話するから、少女漫画のほうが生々しい。

 

私はさっきからなんの話をしているんだろう。

 

とりあえず言いたいことは朱戸アオさんのマンガは、「エロ」という卑怯な手段を使わずとも十分面白いし、今思春期の少年少女は、スマホにマンガアプリをインストールすれば、結構えっちな漫画が無料で読めるぞ、ということです。

「人を動かす」を読んだ

「人を動かす」を読んだ。

 

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版

 

 この本を読む前は、てっきり「部下を持った上司のための、部下のコントロール方法」かと思っていたんだけど、実際に読んでみたら「人と人とのコミュニケーションの取り方」に関する本だった。

 

私のようなコミュ障の人は、是非一読してみることをオススメします。

 

さて「人を動かす」の内容に関しては当ブログ以外にも詳細に書かれているサイトがたくさんあるので、内容の詳しい解説はやめておこう。ただ、この書籍に書かれている文章を一部とりあげたい。

 

「受刑者のほとんどの人間、あるいは二丁ピストルのクローレーや暗黒街の王者アル・カポネほどの極悪人でさえも、自分では悪人だと思っておらず、一般の善良な市民と少しも変わらないと思っており、刑務所に入れられているのは不当だと思いこんでいた(P10~P13の内容を要約)」

 

私は昔、「できるだけ優しい人間でいよう」と思っていました。少なくともそう意識していた自覚はあります。なので自分のことを善人だと思っていました。

 

が、第三者から見て私は本当に優しい人間だったんだろうか?殺人鬼ですら自分のことを善人だと思っているのに?

 

「できるだけ優しい人間でいよう」と思っていたものの、本当に行動できてたんだろうか?ただ単に「自ら進んで悪いことをしない」ことを根拠に「優しい人間」だと思いこんでいただけなんじゃないだろうか。

 

私の性格は今、昔ほどはやさしくないです。なぜならやさしいと、色々と面倒くさいことを押し付けられてストレスが溜まり、精神的にいっぱいいっぱいになるからです。

 

ということは、私は実は「やさしい人間」ではなく、単に「利用しやすい人間」だっただけなんじゃないだろうか。

 

私は一応、今も悪人ではないつもりだけれど、本当のところは分からない。もしかしたら私自身は善人のつもりだけれど、私が自覚しないところで、とてもヒドイ事をしているのかもしれない。私は今、自分が善人だと言いきれる自信がない。

 

ところであなたは善人だと思う。

 

少なくともあなたはあなた自身のことを善人だと思っていると思う。

 

なんてね。よく善人ヅラしてられるね。あんなにヒドイ事をしたのに。

「アイデアのつくり方」を読んだ

「アイデアのつくり方」を読んだ。

アイデアのつくり方

アイデアのつくり方

 

 皆さんの知り合いに「この人、面白いことをバンバン思いつくなー」っていう人いませんか?皆さんは思うでしょう。「きっとこの人は頭が良いに違いない」。

 

21世紀になってインターネットが一般的になると、知識(情報)の価値はずいぶん低くなりました。なぜなら、もしそれについて知らないとしても、ググれば分かるからです。

 

知識(情報)の価値の低下とは逆に、知恵(アイデア)の価値は随分と高まりました。「今までにない新しい知恵(アイデア)」を思いつきさえすれば、現在の情報化社会では、低コストでネットに発表したり、動画にしてみたり出来るからです。知恵(アイデア)が面白ければ「クラウドファンディング」でお金を集めて、実現することも可能でしょう。

 

では「アイデアを思いつく」ためにはどうすれば良いのでしょうか?その方法論を書いたのが本書です。

 

驚くべきことに、この中で著者は「アイデアとは、既存の知識(情報)の組み合わせである」と断言しています。つまり、アイデアとは「何もないところから、ふと思いつくもの」ではなく、「事前に色々な情報を知識として知っており、それらを組み合わせることで作られる」と言っているのです。

 

そうであるとすれば、あなたの近くにいる「面白いアイデアをバンバン思いつく人」は実は「あなたよりも頭が良い人」なのではなく「あなたよりも知識(情報)を持っている人」なのです。

 

「え?でも、情報ってググれば分かるんでしょ?」とあなたは思うかもしれません。例えば「新しい浮き輪を開発する」を例に考えてみましょう。あなたは「つまり浮き輪に関する情報を集めれば良いんだな」と「既存の浮き輪製品やビート板」に関する情報を集めると思います。しかし、この時「動物が好きな動物マニア」が「そういえば、白鳥は優雅に泳いでいるように見えて、実は必死に足をバタつかせてるな」とか「ラッコって毛むくじゃらなのに、どうして水に浮かべるんだろう?」とか考え始めます。どちらがより、面白いアイデアを思いつきそうでしょうか?

 

上の例の「『既存の浮き輪製品やビート板』に関する情報」のことを「特殊資料」と言い、「それとは全く関係ない情報(ここでは動物の情報)」のことを「一般資料」と言います。著者はアイデアは基本的に「特殊資料」と「一般資料」の組み合わせで作られると言っています。

 

「一般資料」と言うと難しく聞こえますが、要するに雑学です。例えば皆さんは「昔実在した海賊に関する知識」とか「花言葉」とか「宇宙」とか「近くの美味しい店」とかいう、自分の仕事と全く関係がない情報を趣味で知っていたりすると思います。そういう知識が、アイデアを思いつくためにはとても大切だということです。

 

「インターネットの登場により情報の価値が下がった」と言われていますが、実はアイデアを作るためには「情報の価値」は変わらずとても大事で、仕事に関係ないことでも、自分の趣味や興味がある情報は、どんどん調べて知識として知っておくことが大事、ということです。

 

つまり、色々な知識を得られる「読書」もとても大事なのです。みんな本を読もう。

 

まあ、この本、翻訳本な上に、出版もかなり古いから文章が堅くて読みにくいんだけど。

 

ただ、実物を見てもらえれば分かるんだけど、この本、めちゃくちゃ薄い本です。後書きに「こんなに薄い本で出版してよいのか」的なことが書かれています。

 

興味があったら読んでみてください。

「逢沢りく」を読んだ

「逢沢りく」を読んだ。

逢沢りく 上 (文春文庫 ほ 22-1)

逢沢りく 上 (文春文庫 ほ 22-1)

 

逢沢りく 下 (文春文庫 ほ 22-2)

逢沢りく 下 (文春文庫 ほ 22-2)

 

これはマンガです。著者は「ほしよりこ」さんといいます。「ほしよりこ」さんは鉛筆漫画家として知られています。

 

ところで皆さんはこの著者の「ほしよりこ」さんをご存知でしょうか?え?知らない?

あなたはなぜ「ほしよりこ」さんがあまり有名ではないか知っていますか?

 

それは人類が愚かだからです。

 

人類は今までも、そしてこれからも愚かでしょう。イジメを行い、子供を虐待し、自然環境を破壊し、戦争を行う。その果てに、ついには「ほしよりこ」さんを知らないとか……!ああ愚か。

 

さて、「ほしよりこ」さんが描いたこの漫画「逢沢りく」は伝説の漫画です。手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞しています。なのに、このマンガはあまり知られていない。ほんとなんて人類は愚かなんだ。この漫画は伝説の漫画なのに。なのになぜか引っ越しの勢いで私、この伝説の漫画を捨てちゃったけど。でも、捨てた今でも思い出す。「あのマンガは伝説の漫画だったなー」と。

 

なぜ伝説の漫画を捨てたのか?その謎は現在の科学技術ではまだ解き明かすことは出来ないのです。

 

というわけで、内容を大体覚えているし、皆さんにも読んでほしいので今日はこの漫画の内容を紹介しよう。

 

まず、主人公の女の子。逢沢りくさん。美少女ですが性格がクズです。最初の10ページくらいで「あ、この主人公、性格がクズ!」って皆さん分かると思います。

 

あ、待って。主人公の性格がクズだからってマンガを閉じないで。もう少しだけ我慢して読み進めてください。主人公の父親が出てきます。性格がクズです。

 

待って。待って。主人公と主人公の父親がクズだからってマンガを閉じないで。もう少しだから。もう少しだけ我慢して読み進めてください。主人公の母親が出てきます。性格がクズです。

 

主人公一家は性格がクズなんです。

 

このマンガは上巻と下巻に分かれているのですが、上巻では、いかにこの主人公一家の性格がクズなのか。クズ野郎なのか。見ていてムカつくのかが描写されます。そして、クズのクズによるクズたちのための天下一クズ武闘会が開催されます。父、母、主人公のうち誰が一番のクズなのかを決める戦いが始まります。優勝は誰だ!?

 

っていうのが上巻です。

 

で、下巻では、この天下一クズ武闘会に敗れた主人公の女の子が大阪の親戚の家で暮らすことになります。

 

皆さんは思うことでしょう。「性格がクズの女の子が義理と人情の大阪で暮らすことになる?ということは、義理と人情にほだされて、性格が改心し、なんだかんだ主人公の父親と母親も性格が良くなりハッピーエンドだろ?」はいはい。愚か愚か。人類はなんでこんなに愚かなんだ。そんな誰でも思いつくような底の浅いストーリーで手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞できると思いますか?マンガ大国日本をなめるなよ?

 

下巻を読むことで、上巻はただの壮大なプロローグだったことが分かります。下巻こそが本編。この大阪では主人公の女の子がめちゃくちゃ足が早くて「忍者になれるんじゃないかな?」っていう話が出たり。出なかったり。出ないけど。

 

で、この漫画がなぜ伝説になりえたのか。賞を受賞するに至ったかは、このマンガの終わり方が完璧だからです。「え?こういう終わり方!?」っていう終わり方をします。多分、普通の漫画家だったら、もっとキレイなまとめ方とか、もっと上手い終わり方をするのだと思います。でも、なんせ「ほしよりこ」さんは天才だから。伝説だから。天才の漫画家しかできない終わらせ方をするのです。

 

正直、終わらせ方に不満を持つ人もいるかもしれません。でも、読み終わった後に、しばらく時間を置いてみてください。段々と「あの終わらせ方凄いな」「むしろあの終わらせ方しかないな」「『ほしよりこ』さん天才だな」と思うようになります。

 

このマンガがハッピーエンドかバッドエンドかはあなたの目でご確認ください。

「幸福の資本論」を読んだ

「幸福の資本論」っていう本を読んだ。

 

 

私はこの本の著者の橘玲さんのファンで、この人の本を何冊か持ってるんだけど、橘玲さんの本の中で一番好きなのは、この「幸福の資本論」だ。

 

この本の中で「幸福」のための土台として「金融資産」「人的資本」「社会資本」の3つが提唱されており、これを3つとも持っていない人間が不幸になるそうだ。

 

「金融資産」とは分かりやすく言えばお金のことであり、これを十分に持っていると人間は「自由」を手に入れることができる。

 

「人的資本」とは分かりやすく言えば労働のことであり、人間はやりがいのある仕事を行うことで「自己実現」を手に入れることができる。

 

「社会資本」とは分かりやすく言えば人間関係のことであり、人間は友人や恋人とつながることで「共同体=絆」を手に入れることができるのだ。

 

そして、著者が言うには、これを3つとも持つのは基本的には不可能(非現実的)なんだそうだ。なので、このうちの2つをもつことを目指すべきなんだってさ。

 

「金融資産」に関しては私はそこそこ持っていて、そして確かに「自由」をそこそこ享受出来ている。

 

でも、私は「人的資本」と「社会資本」を持っていない。

 

「人的資本(労働)」に関しては、正確には「やりがい」だけでなく「給料」も関係してくる。著者はこの本の中で日本のサラリーマンという雇用制度を批判するのと合わせて、労働には三種類の仕事があると言っている。すなわち「バックオフィス」「スペシャリスト」「クリエイター」だ。

 

「バックオフィス」は会社の事務職や製造業の人間など、昔は一定の技術や能力が必要だったが、現在ではマニュアル化やAIの発展・機械化などにより、特殊技能が不要となった仕事のことで、ここは将来的に海外の安い労働力やAIに置き換わる。また、仕事にやりがいを感じづらく、この労働をしている人は基本的に労働以外に幸せを見出しているそうだ。

 

スペシャリスト」は弁護士や会計士などの特殊技能の必要な仕事のことだけど、給料に上限がある(拡張不可能である)。

 

「クリエイター」は映画や本や音楽やプログラムを作成する仕事のことで、これらはコンテンツをほぼゼロコストで複製することにより、給料に上限がない(拡張可能である)。

 

で「理想的には『クリエイター』を目指すべきだけど、そもそも『クリエイター』になれる可能性ってかなり低いよね。『バックオフィス』でも気の持ちようで仕事にやりがいを持つことは出来るんだけど、バックオフィスが仕事にやりがいを感じると、企業にやりがい搾取されがち」みたいな話がされていく。

 

あなたは多分「クリエイティブ」な仕事がもっともやりがいを感じることが出来るのはなんとなく理解できるんじゃないかと思う。私も働いている時は「何かを作る仕事がしたいな」と思ってプログラマーしてたし。

 

ただ、この本で著者は拡張性があること(給料に上限がない仕事のこと)を特に「クリエイター」として定義しているけれど、個人的には拡張性がなくても何かを作る仕事って楽しいと感じる。皆さん、小学校の頃図画工作とか美術の授業って好きじゃなかった?「手先が不器用だから苦手だった」っていう人もいるかも知れないけど、「ゆっくりマイペースに作成していい」「どんな不格好な作品でも良い」って言われたら、やっぱり楽しいと思うんだよね。私も手先が不器用だけど好きだったし。

 

たとえば「ブタの置物」を粘土で作ったり、「なんかノリノリでピカソっぽい絵を描く」って楽しいじゃん?「そもそもそんなものはお金にならない」ということに目を瞑れば何かを作ること自体って結構楽しいと思うんだけど。

 

ただ「自己実現」っていうのは「その仕事が楽しい」だけでは駄目で「それを行うことできちんと社会と関わることが出来、かつお金をもらうことができる」ことも含めて、初めて自己実現というんだろう。

 

アーティストは幸福度が高いそうなんだけど、私も出来ればアーティストになりたかった。「ブタの置物」とか「なんかノリノリで描いたピカソっぽい絵」を売ることで生計を立てたかった。

 

もちろん、今私は「自由」なのでアーティストになることに挑戦してもいいけど、アーティストとして「ブタの置物」や「なんかノリノリで描いたピカソっぽい絵」を売ろうと考えた時に思うことは、「私ってそもそも個人で『ブタの置物』や『誰かが描いた絵』を買ったことがないんだよね。私がそもそも買ったことがないっていうことは、普通の人もそもそも『ブタの置物』とか『誰かが描いた絵』をあんまり買わないんじゃないだろうか」ということだ。

 

正確に言うと、例えば子供の頃恐竜博物店に行った時に恐竜の置物を買ったことがあるし、誕生日に姉が小さい絵を買ってプレゼントしてくれたことがある。だから、全く買わないっていうことはないけど、それって多分「リアル店舗に行ってその場の空気も感じつつ買う気になった」んだと思う。現実的に考えると私は自分が作ったものをネットで売ることになると思う。ネットで売ることの最大の弱点は、その場の空気感をつくれないということだ。

 

いや。待て。確かにAmazon楽天だと売れないけど、その場の空気感とか世界観は自分自身がウェブサイトを作成することで作れるんじゃないだろうか。例えばtwitterを見てると「漫画」を投稿してる人が結構いるけど、そういう絵や漫画でサイト上に世界観を作って、それに関連するオリジナルキャラクターを粘土や絵で作れば、売ることは出来るんじゃないだろうか。猫のダヤンとか有名だし。

 

よし。これや……。

 

話がそれた。

 

最後は「社会資本」だけど、多分みんな「社会資本って人とのつながり、コミュニケーションのことでしょ?そりゃあればあるほど良いよね!」って思うかもしれないけど例えば世の中には「関わり合いたくない人」とかいるじゃん?あと、別に「関わり合いたくない人」じゃなくても「最初は仲が良かったんだけど、色々あって段々つきあいが面倒くさくなってきた」的なこともあるじゃん?だから著者は「『他人と濃くつながる』のも確かに良いけど『他人と薄くゆるくつながる』っていうのもアリだよね」って言ってる。

 

さて、みなさんご存知の通り私はコミュ障です。ということは「他人と薄くゆるくつながる」が私にとって正解な気がするけど、そもそもコミュ障は『他人と濃くつながる』ことは当然無理だし『他人と薄くゆるくつながる』も不可能なんじゃないだろうか。コミュ障だし。

 

迫りくる!孤独死の危機!!

 

というふうに、結構面白そうな本でしょ?実際、橘さんの書籍の中では読みやすい方の本だし面白いよ。興味があれば読んでみてください。