本を読むよ

読書ブログです。サイト(www.garunimo.com)も運営しています。

「水源――The Fountainhead」を読んだ

「水源――The Fountainhead」を読んだよ。

 

水源―The Fountainhead

水源―The Fountainhead

 

 

これは小説です。

 

この書籍の内容の話をする前に、この書籍の背景を説明したい。

 

アメリカでは「リバタリアニズム」という「自由至上主義」思想があるのですが、彼らに大きな影響を与えている書籍がアイン・ランドが著した「肩をすくめるアトラス」と、この「水源――The Fountainhead」です。

 

アメリカの一般読者が選んだ20世紀の小説ベスト100の第1位が「肩をすくめるアトラス」で第2位が「水源――The Fountainhead」であり、特に「肩をすくめるアトラス」の方は「聖書に次いでアメリカ人に影響を与えた本」と言われています。

 

「肩をすくめるアトラス」も「水源――The Fountainhead」も普通にAmazonで買えるのですが、

 

肩をすくめるアトラス 第一部

肩をすくめるアトラス 第一部

 

 

アインランドさんが先に書いたのは「水源――The Fountainhead」なので、私も「水源――The Fountainhead」を買いました。それがAmazonの履歴によると2017年9月の話です。

 

届いた本の分厚さを見て私の心が折れました。ネットで検索すると、私と同じく買っただけで分厚さに心が折れてる人をたくさん発見できました。分かる。この分厚さは心折れる。

 

しかも、1ページにつき、文章が上段と下段に分けて書かれてる。つまり、1ページに2ページ分の情報量が入ってる。

 

さらにストーリーの序盤だけパラパラと読んでみたところ、特に面白くもない。私はこの書籍を本棚に封印しました。

 

そして今年(2020年)の一月。この「水源――The Fountainhead」の翻訳者の藤森かよこさんが書籍を出版してるのを発見しましてね。

 

 

読んだら結構面白くてね。これは普通に面白い本なので、皆も買うといいよ。

 

で、藤森かよこさん自身も「水源――The Fountainhead」という本のファンでね。

 

これをきっかけに「よし、読むか……。このままだと一生読まないことになりそうだし」と重い腰を上げて、寝る前に少しずつ「水源――The Fountainhead」を読むことにしました。

 

正直に言うと、序盤はつまらないです。セリフの口調も「そんな言いまわし普通しないだろ」って感じでなんだか不自然だし。

 

でも大丈夫です。なんせ20世紀のベスト小説第2位ですし。不自然な口調にも慣れてきて、段々と面白くなってきます。私は79ページで主人公の師匠が主人公の才能を認めるセリフを吐いたころには、もうページをめくる手が苦痛ではなくなっていました。

 

この小説は、大きく第4部に分かれているのですが、第2部からは怒涛の展開でした。もう怒涛よ怒涛。主人公がそんなことするとは思わなかった。

 

ざっくりいうとこの小説の言いたいことは「他人に期待される人生を生きるのではなく、自分が生きたい人生を生きろ」なのですが、これは、この小説が数多主張していることの一つに過ぎません。

 

この小説は実に様々な主張をしています。そして、これらの主張はとても強い力を持っています。

 

どれくらい強い力を持っているかというと、この小説を読んだあなたの人生を変えうるほどに。

 

これは、確かに読む価値がある本です。読んだ人の人生を良い方向に向かわせる力があります。可能であれば出来るだけ若い頃に読めればベストです。

 

でも、私はこの書籍を万人に勧めようとは思いません。「読書が好き」という人のみにこの本に挑戦してほしいです。

 

なぜならこの本の分厚さは、読もうとする人の気持ちを折るからです。あなたの想像している分厚さの三倍の分厚さです。常人には耐えられない。

 

また、読書好きな方は一気読みするのが好きだと思いますが、「一気読みしよう」と思いながら買わないでください。最初から「寝る前に少しずつ読もう」という気持ちで買ってください。じゃないと、本当に心が折れます。

 

この本、値段が引くほど高いし、心が折れるほど分厚いです。

 

「じゃあ、それを無理やり頑張って読むほどの価値がこの本にあるの?」

 

って聞かれれば「ある」と断言できます。ストーリーは後半絶好調に面白いし、この本の主張も考えさせられるものがあります。

 

「我こそは読書好き」って方は、ぜひチャレンジしてください。

 

「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」を読んだ

「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」を読んだよ。

 

 

ハコヅメ~交番女子の逆襲~(1) (モーニング KC)

ハコヅメ~交番女子の逆襲~(1) (モーニング KC)

  • 作者:泰 三子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/04/23
  • メディア: コミック
 

 

これは私が最近はまっている漫画です。

 

交番の女性警察官が主人公で、主に警察署を舞台にあれやこれややっています。

基本的には小さな事件ばかりで、大きな事件はほとんど起きません。

 

表紙の絵だけを見て「これは軽薄なマンガだ」と判断して、そもそも読む気にもならない、と判断する人がいるのも分かります。実際に私の母がかたくなに読まないので。

 

でも、私と姉はハマったので社会人くらいの年齢の人が読むといいのかもしれない。 

 

この漫画の面白さの一つに「そこそこのリアリティ」というのがある。この漫画の作者は、実際に漫画家になる前は女性警察官で、実際に女性警察官だった経験がないと描けないようなリアリティがあるストーリーがたくさんある。

 

といっても、基本的には重いストーリーはほとんどなく、基本的には軽いギャグテイスト、悪く言えば軽薄なストーリーが気軽に読める。

 

また、ギャグテイストにだけ強い漫画では無くて、たまに出るシリアスなストーリーも面白い。

 

読んでみればわかるけど、いつかドラマ化されそうな感じ。

 

くそっ。面白さが伝えきれてないな。

 

他にもっと上手く紹介しているサイトがあるので下にリンクを貼ります。

私と姉はハマったんだけど、父は読んでもハマらなかったので、もしかして人を選ぶのかもしれない。

 

なので、興味があってもまとめ買いはせず、まずは一巻目だけ買ってみて自分に合うか読んでみてください。

「残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する」を読んだ

「残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する」を読んだよ。

 

残酷すぎる成功法則  9割まちがえる「その常識」を科学する

残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

 

 

これは、エビデンスにもとづく成功法則に関して記述された本です。

 

エビデンス」とは「証拠」という意味で、つまりこの本は科学的証拠に基づいた成功法則の本です。

 

今回はこの本の中から一つ「引き寄せの法則」に関する記述を紹介します。

(ちなみに「引き寄せの法則」というのは「欲しいものを夢に思い描くだけで実現の可能性が高まる」といわれている法則の事です)

 

この本によれば

 

・夢見ることは望みを実現しないばかりか、欲しいものを手に入れるチャンスを遠ざける。

・人間の脳は幻想と現実を見分けるのが得意ではないので、何かを夢見ると「すでに望みの物を手に入れた」と勘違いし、自分を奮い立たせ、目標を成し遂げるのに必要な資源を集結させなくなってしまう。その代わりリラックスしてしまう。

・結果あなたはやるべきことを減らし、達成すべきことも減らし、結局夢で終わってしまう。

・夢を見ること自体が悪いことではないが、夢を見ることは第一歩に過ぎない。

・夢を実現したいなら「WOOP」を使え

 

というようなことが書かれてる。

 

「え?WOOPって何!?」って思われてるかもしれないけど、知りたいならこの本を読もう。

 

この本は、上記のような成功に関するテーマに関してエビデンスベースの話がたくさん書かれてる。

 

以下に、ちょっと章ごとのタイトルを書いてみる(ちょっと多いけど)。

 

序章 なぜ、「成功する人の条件」を誰もが勘違いしているのか

 

第1章 成功するにはエリートコースを目指すべき?

もしあなたが「痛みを感じない人」だったら?

なぜ高校の主席は億万長者になれないのか

国を救った「危険人物」

偉大なリーダーの意外な条件

普通の暮らしができない天才ピアニスト

蘭とタンポポと「有望な怪物」

天才の正体

あのクリエイティブ集団を危機から救った"はみ出し者"たち

あなたの欠点が世界を変える

裕福な人は規則を守るか

実社会でどんな人でもできる「増強装置」の使い方

成功には「環境」と肝に銘じる

 

第2章 「いい人」は成功できない?

史上最悪の凶悪医師が告発されなかったのはなぜか

親切な人はこれだけ損をする!残酷な統計

「最も不幸せな国」の人の特徴とは?

ギャングが信頼関係を必要とする理由

海賊のマーケティング戦略と福利厚生

無償の英雄行為の価値はいくら?

与える人と奪う人

ギャンブルで「理論的に」勝つたった一つの方法

信頼と裏切りのゲーム理論

実社会で「しっぺ返し戦略」はどのぐらい有効か

エビデンスからわかる最強の対人ルール

 

第3章 勝者は決して諦めず、切り替えの早い者は勝てないのか?

スーパーヒーローに憧れていたある少年の物語

「やり抜く力」は本当に必要?

世界一過酷な軍隊シールズは「グリット」で乗り切れるか

どんな困難も乗り越える人に「必ず共通する習性」

パブロフの犬の実験からできた副産物

徹底比較!楽観主義VS悲観主義

極限状態で、生きる力を与えてくれるものは何か

「自分は死んでいる」と本気で思い込む人たち

子供の将来の幸福度を予測する「正確なファクター」は何?

弁護士がうつ病になりやすい理由。

「履歴書向きの美徳」と「追悼文向きの美徳」

私たちは表向き装うとおりの人になる

絶体絶命の極限状態から生還した男の「ひと工夫」

「ゲームに見立てる」というばかげた戦略のばかにできない効果

これぞコロンブスの卵!――「退屈」をなくせば「努力」は必要なくなる

どんな成功法則よりも役に立つ!「面白いゲームの四つの条件」

「時は金なり」は間違っている

世界的に名誉ある研究への招待に対する、世界的に活躍する人たちの返答

「グリッド」に足を引っ張られてしまうのはどんな人か

カンフー狂が切り開いた成功の道

生まれつき幸運な人はデータ的にいない

六歳児にCEOにMBAの学生……ゲームの勝者は?

「どうやってバットマンであり続けるのか?」本当に聞いてみた

結局のところ、いつ諦めていつ続ければいい?

「理想の結婚相手」を見つける理論

引き寄せの法則が脳に及ぼす悪影響と現実を本当に変える方法"WOOP"

トロントのアライグマになろう

 

第4章 なぜ「ネットワーキング」はうまくいかないのか

数学者のネットワークを作った男

徹底検証!「人づき合いの良い人間」は得をするか損をするか

麻薬ディーラーも人脈が命

あの画期的な変革者は内向型だった

「内気な人ならでは」のとびきりの強み

外交的なリーダーと内向的なリーダー

レーダー開発の舞台裏にあったドラマに学ぶ

シリコンバレー最高のネットワーカーに直接、秘訣を聞いてみた!

人間の脳は仕事とプライベートをはっきり区別できない

大人こそ思い出せ!友だちづくりの三大基本原則

時間もプレッシャーもかからない人脈作りの五ステップ

「面白い人」になる方法

世界を変革する者に共通の経験(あなたがそうしたいかはともかく)

上司ではなく「非公式のメンター」を見つけなさい

「危機交渉」の鉄則はこうして生まれた

「説明する」のは「戦争を仕掛けている」のと同じ

なぜ「友情」が最強なのか

論争をなくし良い結果だけを得る四つのルール

「ありがとうと伝える」が科学的に必要な理由

 

第5章 「できる」と自信を持つのには効果がある?

チェスチャンピオンを困惑させたコンピュータの「一手」

容姿が良い人が成功しやすい本当の理由

「見せかけ上手」の極致ゴースト・アーミー

自信があるフリはどこまで効果があるか

間違った自信の大きすぎる代償

無能な者より自信過剰な者が危険をもたらす

データが警告する「権力を持ったら気を付けないといけないこと」

恐怖を感じない人間はどうなるか

「自信がない」にも二大メリットがある!

「控えめでオープン」な大統領リンカーンの特徴的な業績とは?

成功において自信よりも大切な概念「セルフ・コンパッション」

アメリカ合衆国の「皇帝」

自信のジレンマを解決する

 

第6章 仕事バカ……それとも、ワーク・ライフ・バランス?

人並み外れたオールラウンダーの脅迫的な労働意欲

膨大な生産力は長時間労働から生まれるという夢のない現実

ショック!医者の技量は「時間をかけて繰り返す」だけでは上達しない

「退屈な仕事」はあなたを殺す――文字通りの意味で

アインシュタインが妻に突きつけた「契約」

「怒り」という増強装置の光と闇

仕事の大成功と家庭円満は両立しない――古代ローマから現代までこれだけの証言

燃え尽き症候群の知られざる原因

ポスト・コンサルティング・グループの「あり得ない実験」

「リラックス」と「睡眠」の最新科学

睡眠不足の人は性格までネガティブになる

NASAの研究で明らかになった「昼寝」の重要性

休暇の注意点――旅行の前後に働きすぎては意味がない

スパイダーマンとワーク・ライフ・バランス

エレベーター設計者は知っている――よりせっかちになり続ける世界

成功が「達成不可能」になった世界で、いま私たちが考えるべきこと

「世界のエリート」は幸せじゃない

「つままされる人(ピッカー)」と「選ぶ人(チューザー)」

人生の破滅へ一直線の「崩壊戦略」を避ける方法

あわれな「最大化人間」になってはいけない

正真正銘、世界を制服した男の「計画力」に学ぶ

ストレスを消す特効薬は「コントロール感」

自分の人生を選び、生きる科学的手順

あなたは「三種類の人間」のどれになるか

 

結論 本当に人生を成功に導く法則は何か

 

以上です。

量が多いように感じるかもしれませんが、一つのテーマに関して3~4ページで解説してるので、それほどでもない……でも、全部合わせると少し分厚い本になってしまってるけど。

 

気になるテーマがいくつかあるなら、買って損はない本なので、ぜひ読んでみてね。

「マンガ 科学の力で運がよくなる!」を読んだ

「マンガ 科学の力で運がよくなる!」を読んだよ。

 

マンガ 科学の力で運がよくなる! (マキノ出版ムック)

マンガ 科学の力で運がよくなる! (マキノ出版ムック)

 

 

 これはムック本です。ムック本ってわかります?一冊だけで完結する雑誌みたいなやつです。

 

私は怪しい人間なので、怪しい人間の務めとしてこういう怪しいタイトルの本も読むのです。

 

正直、Amazonのレビューでの評価は悪いですが、個人的には凄く面白かったんだけどな。漫画で読みやすいし。

 

心療内科の漫画で有名な「ゆうきゆう」さんとか、脳科学者でテレビにもよく出る「中野信子」さんとか著者が何人かいて、それぞれの人の説ごとに漫画が描かれてます。

 

例えば

「幸福な人とは『人生にやりがいを持って生きている人』」

「強い人間ほど先手を選ぶことが多く、弱い人間ほど後手を選ぶことが多い(先手の方が有利なので先手を選べ)」

「娯楽は三段階に分けられる。一番下が『たいして質が良くないものに接する』、真ん中が『誰かの作った素晴らしい作品に接する』、一番上が『あなたが何かを作ること』」

「運のよい人は友達をたくさん作って良いネットワークをつくる(運のいい人は悪い人よりも笑う回数が2倍、アイコンタクトは圧倒的に多い)」

「幸運な人は新しい経験を受け入れる」

 

とかいうことが漫画で描かれてるんだけど。面白そうじゃない?こういうの興味あるの私だけ?

 

興味があったら読んでみてね。

「プリンセスメゾン」を読んだ

プリンセスメゾンを読んだよ。

 

プリンセスメゾン (1) (ビッグコミックス)

プリンセスメゾン (1) (ビッグコミックス)

 

 

これは漫画です。

内容は「女の子が住むための家を探す」というものです。

 

ちなみに表紙の女の子は主人公じゃないです。こいつ誰だ。

プリンセスメゾンは、ちょっと前に確かNHKでドラマ化されてたはず。

 

私はドラマを見ていませんが、漫画も十分面白いです。

それは、この漫画の中にうっすらと、とても静かな「孤独な寂しさ」を感じるからです。

孤独愛好家の私にとっては物凄く好きな世界観。

だから、この漫画は孤独なあなたにぜひ読んでほしい。

 

この漫画の弱点は、絵柄がシンプルなために、たまに「こいつ誰だ」ってなることが時々あることです。でも、それを補って余りあるほどに静かで心地いい世界観。孤独感。

 

でも、私以外に「この漫画に孤独感を感じる」っていう意見をあまり聞かない。

えー?もしかしてこの漫画に孤独感を感じてるの私だけー?えー?

 

全6巻で完結済みです。ほらー。全6巻ってあつめやすいでしょー?ほらほらー。買おうよー。一緒に孤独感を味わおうよー。

 

「気に入った漫画家を見つけたら、その著者の発売している漫画を全部集めようとする」という悲しいサガをもった私は、もちろんこの漫画の作者の池辺葵さんの漫画をすべて集めようとしたのですが、正直、池辺さんの初期の漫画は私に合わなかったので、全巻集めるのはやめました。

 

ただ、最近の作品は全部面白く感じました。「6巻もあつめるの嫌やわー。私に合う漫画家かどうか分からんし」って思う人は、池辺葵さんが描いた一巻で完結の漫画とかもあるので

 

雑草たちよ 大志を抱け (フィールコミックスFCswing)
 

 

読んでみてほしい。この「雑草たちよ 大志を抱け」も面白かったよ。

 

『cocoon』を読んだよ。

cocoon』を読んだよ。

 

 

COCOON

COCOON

 

 

かわいい女の子が表紙になっていますが、これは戦争マンガです。

 

みなさんは戦争漫画を読んだことがありますか?私が初めて戦争漫画を読んだのは小学4年生の頃かな。なんであんなにエグい戦争漫画が小学校の教室の本棚にあったんだろう。謎だ。

 

しかし、皆さんの中には戦争マンガを読んだことがない人もいることでしょう。なぜなら、戦争漫画って絵柄が古かったり、あるいはめちゃくちゃリアルに描かれてたりしてあんまり読もうっていう気にならないし。もしくは巻数がめちゃくちゃ多くて「こんなにたくさんの巻数を買ってまでは読もうとは思わないな」って思ったり。

 

でも、教養を深めるためにも、一生に一度くらいは戦争漫画を読むことを勧めるよ。この世界の楽しい話も悲惨な話も読むことで、人間は深みが増すのだ。

 

この『cocoon』の素晴らしいところは、表紙の女の子を見てもらえば分かるけど絵柄が現代風だし、しかもこの一冊で物語が完結していることですね。皆さんもこれなら読むことに抵抗がないのでは。

 

なお、この漫画は一冊でストーリーが完結するにもかかわらず、戦争の悲惨さがキチンと描かれてて、これを読んだ日は鬱屈とした一日になります。というわけで、私もあまり積極的には読まないんだけど、でも捨てようとも思わないのは、やっぱり名作なんだよね。

 

これ、主人公が女の子なんだけど、男の私が読んでも主人公に自分を投影してそこそこ鬱になるから、思春期の女の子とかが読んだら人格形成に悪影響があると思う。本当にこれ子供が読んでも良いの?R18とかじゃなくていいの?って心配。まあ、小学4年で悲惨な戦争漫画を読んだ私が言うのもなんだけど。

 

もしあなたが戦争漫画を読んだことがなく、「人が死ぬマンガなら『進撃の巨人』とか他のマンガやアニメで見たことがあるし」と思っているのなら、あなたは戦争漫画のなんたるかを知らない。一般のアニメやマンガが伝える命の大切さと、戦争マンガが伝える命の大切さは「重み」が違う。

 

だから、もしあなたが一度も戦争マンガを読んだことがないのなら、ぜひ買って読んでみてほしい。本当に素晴らしい戦争漫画は読んだ人にトラウマを創る。そしてこの漫画も、あなたの期待通り、あなたのトラウマになる。

「努力不要論」を読んだ

「努力不要論」を読んだ。

 

 実は私は自己啓発本が好きでね。無職だけど。私ほど意識の高い無職はいないのでは。

そんな意識の高い私が買ったのが「努力不要論」。意識は高いが努力はしたくない。

 

この本は「努力」を主軸として論を展開していくんだけど、他の本では見られないようなことが書かれているので面白い。

 

ざっと中身を教えると

 

・がむしゃらに努力すればいいというのは間違い

・正しい努力は「目的を設定する→戦略を立てる→実行する」

・努力すると「自分はこれだけ正しいことをしたんだから、許される」と考え、倫理的に悪いことをしがち

・努力すると洗脳されやすくなる

・「努力家」は野蛮人。「遊び」は高尚なこと。

・自分を痛めつけることが努力だと思っているのが日本人

・傑出した才能は生存には不利

・日本人は勤勉で、自分が利益を得るよりも人に与えることを好み、真面目で誠実、危険を冒すよりも安定した生活を志向する

・「真面目にやっているのに報われない……」と世界で一番感じやすいのが日本人

・彼らは真面目にがんばっているのになぜか報われないという感じを持ちやすい、心理的にはしんどい人生を送る可能性が高い

・努力家は他人の才能を潰す

 

みたいなね。どうだ。面白そうだろう。ふっふっふ。

 

たぶん、生きるのが辛い人は、他人の利益のために努力したことはあるけど、自分の利益のために努力したことが無いだけなんじゃないだろうか。知らんけど。